フィリピン

【実体験】フィリピン留学はエンデラン大学にしなさい! | Enderun Colleges

留学先が決められない人
留学先が決められない人
・フィリピンの語学学校に迷っていてまだ決めきれていない
・治安が不安。安全な場所を選びたい
・勉強だけじゃなくて、充実した学校生活を送りたいな
・色々な国の人と友達になりたいな

こんな疑問をお持ちの方に最適な学校を紹介します!

僕も学校を決めるまでに、各学校のレビューを比較したりかなりの時間をかけました。

結果として”ENDERUN COLLEGES(エンデランカレッジ、エンデラン大学)”に決めたわけですが、実際に2ヶ月通ってみて本当にオススメできる学校でした。

是非、留学先の学校を決める参考にしてみてください♪

安全でおしゃれな区域にある学校

まず、フィリピンについてどのような印象をお持ちでしょうか?
僕の留学する前の印象では、街中が汚くて危険でTHE 発展途上国と言うイメージでした。

学校のあるマッキンリーヒル(Mckinley Hill)についてビックリ!
モダンでヨーロッパの雰囲気のあるおしゃれな街並み。

学校の近くにはベニスモール(Venice Grand Canal Mall)と言う、ショッピングモールがあるのですが、なんとモールの中に川があって船に乗ることもできます!
まさにイタリアのベニスそのものです!

この区域は周囲が柵で囲まれており、ガードマンが24時間体制で巡回している超セキュリティ性の高い区域なのです。
2ヶ月いましたが特に危ない目にも会わず夜中でも一人で気軽に出歩けるほど安全なところでした。

フィリピンの有名大学、だから先生の質も高い

エンデラン大学はフィリピンの中で最も学費が高い大学として有名です。

なので大学に通う生徒にはセレブが多く、駐車場には高級車がたくさん停まっています。
日本人にはわかりませんが、フィリピンでは有名な俳優や歌手もこの学校に通っていてたまに見かけるそうです。

学校もよく整備が行き届いていて、まるで美術館の庭にいるようです。
ホテルのホスピタリティーを学ぶ学部もあるため、学校内にはホテル並のバーとレストランがあり高級感があります。

大学生と留学生の違い

留学生(ESLの生徒)も大学生と同じ建物で授業を受けます。
ただし、教室は留学生専用の教室で受けます。
なので、現地の大学生と一緒にクラスを受けると言うことはありません。
※交換留学生の場合は、大学生に混じって同じクラスを受ける事ももあります。

先生によっては、授業内で現地大学生にインタビューをする課題もあったので大学生と接する機会はゼロではありません。
その気になればカフェテリアなので大学生に話しかけて仲良くなる事も可能です!

有名校出身の先生が多いから、教育の質が高い

先生はフィリピン大学(University of the Philippines)の出身者が多く、優秀な先生が集まっています。
フィリピン大学はフィリピンで一番頭の良い大学で日本で言うと事の東京大学です。

先生の就業規則も厳しく、服装にも制限があり短いスカートやサンダルは禁止であったり、生徒とのご飯や遊びに行くことも禁止となっています。
実際は内緒で毎日のようにご飯に行ったり、遊びに行ったりしました(笑)

私はイロイロ島の田舎の学校に通ったこともあるのですが、まるで先生の質が違います。
エンデランの先生は基本的に授業に真面目で熱心に教鞭をとりますが、イロイロの学校は話が脱線したらクラスが終わるまでそのままであったり、先生のやる気が感じられない時がありました。

また別の記事で書こうと思いますが、安い大学、高い大学にはそれぞれメリット・デメリットがあると言うことです。

色んな国の友達ができる

これは声を大にして伝えたいことです!

せっかく留学したなら色々な国の友達をつくりたいですよね?
でしたらエンデランはオススメです!

なぜかと言うとフィリピン人経営の大学だからです。

上述した通り私はイロイロ島の学校にも通っていましたが、そこは韓国人経営の学校でした。

なので、生徒の殆どは韓国人であとはちらほら他の国の留学生がいる程度です。

バランスはとても大事です。
同じ人種が多くなると群れができてしまいがちで、韓国人経営の学校ではずっと韓国語が飛び交っていました。

これだと友達になろうとしても近づき難いですよね。

エンデランは日本人、韓国人、中国人、ベトナム人、アラブ系でバランスが良く人種の垣根を超えて友達ができます。

一緒にご飯や遊びに行くと最高に面白いですよ!

留学時期に注意!!

留学時期によってはほとんどの生徒が日本人だったり、韓国人だったりするので注意が必要です。

日本の春休み(2月中旬〜3月中旬)や夏休み(8、9月)の時期は日本の大学生が団体で留学に行きます。
私はちょうど3月に入学したのですが、日本人の生徒ばかりでクラス全員が日本人だけの授業もありました。

1月、5月は韓国の生徒が押し寄せてきます。

日本人の少ない環境で勉強がしたい人にとっては注意が必要ですね。
でも、これもこれで学生時代の合宿のようで毎日楽しかったです(笑)

首都圏だから遊び場に困らない

イロイロ島の学校にいた時は一番近いモールでもジプニーに30分乗って行く必要がありました。
ジプニーに30分乗るのってすごく疲れるんですよね。

なので、1ヶ月で3回しか学校の敷地外に出ませんでした。

勉強に集中するのも良いですが息抜きも必要です。

上述した通り、エンデランのあるマッキンリーヒルには大型ショッピングモールがあるので、ここで買い物や毎日の食事を済ませることができるのですが、首都と言うこともあって近場に多くの遊び場があります。

ちょっとだけ紹介しますね。

BGC(Bonifacio Global City)

BGCはマッキンリーヒルの隣に位置しています。
マッキンリーヒルから2kmくらいなのでちょっと頑張れば歩いて行ける範囲です。

BGCは開発された区域で近い範囲にショッピングモールの SM AURA、現地の人御用達のモールMarket!Market!、沢山のおしゃれな店が並ぶ High Street があります。

2018年6月現在、私はここBGCに住んでいますが本当に過ごしやすくて飽きることがありません。
安いバーなども沢山ありますので、学校が終わった後の遊び場として最適です!

【2018年 最新版】フィリピンで快適で安全な生活を紹介します!こんにちは、たけるです! 僕は2018年3月から英語留学のためにフィリピンに来ました。 語学学校に3ヶ月間通った後にマニラで部屋...

Green Belt

マニラの中心部マカティ(Makati)にあります。
マッキンリーヒルからタクシーで20分くらいで行くことができます。
超大型ショッピングモールで値段が高めのお店が入っています。
近くには Landmark と言うモールがあったり公園もあるので1日過ごす事が出来ます。

グリーンヒルズ(Greenhills Shopping Center)

留学生御用達の超大型商業施設です。
マッキンリーヒルからタクシーで40分くらいで行くことができます。
広大な敷地に数百店舗の偽ブランドを扱う店がひしめき合っています。
値札が無いので基本的に交渉して値段を決めます。
偽ブランドだけではなく、映画館やレストランもあるので休日に1日使って行くのがおすすめです。

留学を申し込むなら手数料0円の”School With”がオススメ!

僕はこれまでニュージーランド、フィリピン、カナダで3回留学をしましたが、留学代理店はSchool Withがオススメです。

手数料0円&最低価格保証が付いているのでどこの代理店よりも安く留学に行くことが出来ます。

僕がSchool Withをおすすめする5つの理由を「留学エージェント選びでお困りですか?絶対に損をしないエージェントを紹介します」で紹介しているので、代理店選びで迷っている方は参考にしてみてください。

結論、School Withで申し込むのが一番お得です。

【おすすめ】留学エージェントにSchoolWithを選んだ理由僕はこれまでニュージーランド、フィリピン、カナダに留学しましたが、すべて留学エージェントのSchoolWithを通して学校探しから入学手...

エンデラン大学 まとめ

フィリピン留学と言えばセブの人気がありますが、私はメトロマニラにあるエンデランをオススメします。

英語の勉強をするために留学するのですから、もちろん勉強が第一です。
ですが、勉強だけに集中する事ってよっぽどの強い意思や根気が無いと厳しいんですよね。

息抜きは絶対に必要です!

私はイロイロ島と言う田舎にある学校に通っている時に痛感しました。

キレイな海が近くにあったとしてもやっぱり飽きます。
娯楽は重要です。

マニラ近辺は本当に開発されて、東京にも劣らないくらい栄えています。
一方で、栄えている首都の中にも貧困層の住む地域もあります。

この急激に発展するフィリピンと途上国な感じを見ることができるのはマニラだけだと思います。

せっかくの海外留学なので、英語の勉強だけではなく現地の文化に触れてみるのもいいと思います^^

ローカルな雰囲気を肌で感じたい場合はジプニーに乗るのがオススメです!

【写真付き】フィリピン ジプニーの乗り方、料金 、路線図、注意点ジプニー(jeepney) はフィリピンの乗り合いタクシーです。料金はとても安く約18円で乗ることができます。こちらの記事ではジプニーの乗り方、料金、注意点について解説していきます。これを読めばジプニーに乗ることができます。...

フィリピン留学を検討中の方の参考になればと思います。

ABOUT ME
Takeru&Manami
Takeru&Manami
私たち夫婦は世界を旅をしながら生活をしています。 フリーランスエンジニアの夫とブロガーの妻でブログを書いています。 バックパッカーのように旅をメインとする生活ではなく、世界各地で生活する事をメインとして旅をしています。 時間と場所に縛られずに自分たちのやりたい事をやる人生が夫婦の目標です。 >>詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です