アメリカ

【アメリカ・ハワイ】SIMをAmazonで購入して現地で使う方法

こんにちは、たけるです。

新婚旅行でアメリカに来ました。
ロサンゼルスはカラッとしていて、とても過ごしやすいです^^

さて、今回はアメリカのSIMカードについて紹介したいと思います。

今まで東南アジアに旅行することが多かったのですが、空港についたらすぐにSIMを売っているカウンターに行って現地SIMを購入していました。

アメリカに行く前にアメリカのSIMカードについて調べると、

・空港ではあまり売ってない&高い
・店舗だと安く買えるけど手数料がかかる
・通信会社、プランがありすぎて決められない

など、そう簡単には行かなそうでした。

なので、今回は日本で事前にSIMカードを買って行く事にしたのですが、このSIMカードがとても良かったので紹介したいと思います。

スマホの設定などありますが、画像付きで丁寧に説明していきます^^/

高速無制限使い放題のSIMカード

今回買ったSIMカードはMOST SIM社が販売しているT-Mobile回線のSIMカードです。
Amazonで購入しました。

今回の旅行は8日間だったので、7日間のSIMを購入しました。

仕様はこのようになっています。

アメリカSIM ○日間高速無制限使い放題

■アメリカ全土、ハワイを含んだ主要都市に強いネットワーク通信あり(グアムは対象外)
■○日間アメリカ国内通話(携帯+市内電話)発/着信し放題(日本からの電話も含む※国際通話発信は不可)、
アメリカ国内でSMS送受信し放題(国際SMS不可)。
高速(3G/4G LTE)データ通信使い放題、デザリング可(子機速度は3G)

■使用可能な端末
simフリースマートフォン (タブレット‧WIFIルーターなど不可)
4G LTE B2/B4 対応(必須) *B12にも対応している場合、電波受信が更に良くなります

※○は選んだ日数になります

高速通信に加えて無制限使い放題と言うのはすごくいいですね!

アメリカの空港などで売っている旅行者用のSIMカードは高い割に容量が2Gの通信制限があったりします。

T-mobileはアメリカ最大級の通信会社なので、アメリカの広い範囲で安定して使うことができます。

さらにテザリングができるのが最大の魅力です!

テザリングができるから1人購入すればOK

テザリングとは、スマートフォンをアクセスポイント(親機)として他の人のスマホやPC、ゲーム機をネットに繋ぐ事ができます。

つまり、SIMカードを入れたスマホがWifiの役割をして他の人もネットを使うことができるようになります。

なので、一人購入すれば他の人はそれに繋ぐだけでSIMカードを買う必要はありません。

僕たち夫婦の場合、僕だけSIMカードを購入して妻はテザリングで僕のスマホを介してネットを使っていました。

SIMカードの設定方法

届いたSIMカードをスマホに挿すだけではネットが使えるようになりません。

アメリカに行く前にアクティベーション日を登録する必要があります。
注意点として、回線開通まで少なくとも1日以上掛かるので、3日くらい前に手続きをすることをオススメします。

手順は以下の通りです。

それではやっていきましょう!

商品の中身を確認する

Amazonから届いた商品を確認してみましょう。

中身はこんな感じで説明書きが色々書いてあって、SIMとご丁寧にスマホのSIMトレイを開けるためのピンも入っています。

アクティベートの手続きをする

商品の表に張ってあるQRコードをスマホで読み取って、https://open.mostsim.comにアクセスします。

この様なサイトが表示されます。

SIM番号とパスワードを入力するところがあるので、SIMカードの台紙にあるSIM Serial NoPasswordを入力して「次へ」をタップします。

  

 

 

 

 

次の画面に行くと購入したSIMのプランや注意書きなどが表示されます。
下の方にスクロールしていくとアクティベーション情報入力欄が出てきます。

IMEIは電話アプリで*#06#にダイアルすることで確認できます。

ご希望の開通日は現地に到着する日を入力します。
現地時間(アメリカ時間)なので日本時間と間違えないように注意してください。

残りの滞在期間、お名前、電話番号、PCメールは適宜入力してください。

アマゾン注文番号は アマゾン>注文履歴>注文番号 を入力してくださ。

入力が完了したら「次へ」をタップします。

 

続いて、アクティベーション情報の確認画面がでるので、問題なければ「確認済み」をタップします。

この後すぐにMOST SIMSIMアクティベーション資料のご確認 (注文番号: xxxx)」という件名のメールが届きます。

回線開通の連絡

僕の場合、約24時間後に開通のメールが届きました。
「MOST SIM – プリペイドカード電話番号のお知らせ (注文番号: xxxxxx)」と言う件名のメールです。

メールにはSIMカードの電話番号も書いてあります。

SIMカードの挿し替え

日本を出発したらSIMカードを挿し替えましょう。

日本で使っていたSIMカードは日本に帰って来た時に使うので、全体に無くさないように大事に保管してください。

現地でのネット接続

ロサンゼルスに到着してスマホの電源をつけたら勝手にネットに繋がりました^^

もし自動でネットにつながらなった場合は、SIMを買った時に付いていた説明書を見ながら設定すれば接続できるとおもいます。

ロサンゼルス、ラスベガスで使った結果

今回の旅行ではロサンゼルス、ディズニーランドパークがあるアナハイム、ラスベガスに行きました。

いずれの場所でもストレス無く使えました。
Youtubeも止まらずにサクサク見られます。

テザリングで接続している妻のスマホでも快適にネットに繋げられていました。

あまり期待していなかっただけでに大満足です^^

ハワイでも快適に使える

こちらアマゾンのレビューからですが、ハワイでも快適に使えるようです♪

注意事項

実際に使ってみて気づいた注意事項をまとめてみます。

SIMフリーのスマホでしか使えない

こちらのSIMカードはSIMフリーのスマホでしか使えないので注意してください。

ドコモ、ソフトバング、auのキャリアの場合は通常SIMロックが掛かっているので、購入前にSIMロックの手続きを行ってください。

docomoの方はこちら

SoftBankの方はこちら

auの方はこちら

上記キャリア以外の回線の方はSIMフリーのスマホとなりますので、そのまま使うことができます。

開通まで時間がかかる

僕は旅行に行く前日に手続きをしたので、空港についてもまだ開通メールが来なくてソワソワしてましたが、飛行機に直前でメールが届いてホッとしました。

回線開通手続きまで24時間以上かかる様なので、出発する2、3日前には手続きすることをオススメします。

知らない番号から電話がかかってくる

開通した時のメールにこんな事が書いてありました。

アメリカの通信会社はSIMカードの有効期限が切れた後、電話番号を繰り返し使用することがございます。
もし、知らない番号から電話、SMSなどがございましたら、どうぞお気になさらずそのまま無視していただいくようお願いいたします。
お客さまにはご迷惑をおかけしますが、ご容赦くださいませ。

実際にアメリカに居る時に何回も知らない番号から掛かってきました。
留守番電話が残っていたので聞いてみると、不動産の勧誘のようでした。

電話が掛かってきた場合は切ってしまいましょう。

日数を過ぎても使える!?

これは謎なのですが、購入したSIMの日数を超えてもネットに繋がっていました。

9/21〜9/29の9日間アメリカに入る予定で7日間のSIMを購入しました。
9/27でネットが使えなくなるはずが、アメリカを離れる9/29までネットが使えました。

特殊なケースかもしれませんが、お陰様で助かりました^^;

まとめ

日本で事前にSIMカードを購入してアメリカで使うまでを説明しました。

僕はこのSIMカードを買って本当に良かったと思います。

現地でSIMを購入する場合だと、時間と手間が掛かりますし英語でのコミュニケーションになるので、なにかと不安です。

日本で事前に設定してアメリカに付いたらすぐネットが使えるのは非常に便利ですね。

旅行中に外で「次どこへ行こうか」と調べものをする事や緊急でネットが必要な事があると思います。
wifiスポットはどこにでもある訳では無いので、常時ネットに繋がっていると安心です。

ストレス無く旅行するためにこのSIMカードをオススメします^^

それでは、快適な旅行を楽しんでください♪

 

ABOUT ME
Takeru&Manami
Takeru&Manami
私たち夫婦は世界を旅をしながら生活をしています。 フリーランスエンジニアの夫とブロガーの妻でブログを書いています。 バックパッカーのように旅をメインとする生活ではなく、世界各地で生活する事をメインとして旅をしています。 時間と場所に縛られずに自分たちのやりたい事をやる人生が夫婦の目標です。 >>詳しいプロフィールはこちら