海外生活

留学は最低でも半年は必要!英語力0(ゼロ)から話せるようになるまで

こんにちは、たけるです。

僕はこれまでニュージーランドに4ヶ月、フィリピンに3ヶ月、カナダに1ヶ月、トータルで8ヶ月間英語留学をしました。

いま留学を考えている方はこの様な悩みをお持ちではないでしょうか?

留学を考えている人
留学を考えている人
・どのくらいで英語が話せるようになるの?
・英語全くできない状態で留学しても大丈夫?
・留学前にやっておくべきことは?

 

一番最初の留学はニュージーランドで、留学当初の英語力は中学生以下だったと言う自負があります^^;
Sunday、Monday、Tuesday…すらも言えない状態でした。

最初はエレメンタリークラス(初級)からスタートしましたが、最後のカナダではギリギリでアドバンスクラス(上級)に入ることができました。
ふだん家では殆ど勉強しないので、他の人に比べると成長スピードは遅いと思います。

これらの悩みを3ヶ国で留学経験がある僕が正直に答えていきたいと思います!

フィリピンの後にカナダに1ヶ月だけ留学したのには理由があったのです….

どれくらいで英語が話せるようになるのか

まずこちら↓の表をみてください。

SchooWith留学計画早見表より

僕がオススメする留学エージェントSchool Withに掲載されている留学計画早見表です。いまの自分のレベルで何ヶ月留学すれば目標のレベルに達することができるかがわかります。

この表をみると“英会話を学習するのが初めて”の人が“日常的な話題でスムーズに会話ができる”まで3.1ヶ月とありますね。

僕の実体験を元にするとこの表は信頼できると思います。
でもこの表って自習時間も含まれているんですよね。

僕は全くと言っていいほど自習勉強をしなかったので、他の人に比べると上達スピードが遅いと思います。

なので、“勉強嫌いがこれくらい留学すればある程度話せるようになるよ!”と言うのを僕の実体験をもとに紹介していきます。

英語力0だった僕が英語で会話ができるようになるまで

英語力0から初めてある程度英語が話せるようになった僕をもとに解説していきたいと思います。

先生が言っている事が理解できるまで2、3週間掛かる

留学当初は全く先生の言っていることが理解できませんでした。
なので最初は皆の動きをみて意味もわからず真似して授業を受けているような感じでした。

それでも2、3週間すると徐々に先生が言っている事がなんとなく理解できるようになって、支持に従って授業を進められるようになります。

しかし、完全に先生の言っている事が聞き取れているわけではなくて、わかる単語を拾ってなんとなく意味を理解している感じです。

2ヶ月で少しずつ会話ができるようになってくる

最初の1ヶ月はほとんど自分の成長が感じられませんでした。
それでも少しずつ成長しているんですね。

2ヶ月経てば先生の言っている事は大抵理解できるようになります。
ただし、あくまで授業内のみの話でお店に行って店員さんが何を言ってるかわかりませんし、ネイティブの人と会話なんて怖くてできません(汗)

クラスはレベル分けされていて、大体同じ英語力の人が集まります。
一番下のクラスでも文法は間違っていたり簡単のセンテンスですが、何となく会話は成り立ちます。
授業中も積極的に答えたり質問したりできるようになってきます。

4ヶ月で簡単な日常会話ができるレベルになる

ニュージーランドの留学は4ヶ月でした。
最終的にはインターメディエイト(中級)まで行くことができました。

学校の先生や友達同士であれば殆ど聞き取れるレベルになって、簡単な日常会話なら割と普通に話すことが出来るようになります。

ただし、やはりネイティブと話すのは難しいですし、すこしでも専門性の高い話しや自分が予想していなかった質問などについては理解するのは難しいです。

それでも自分の英語に自信が持てるようになってきて、ここから成長が早まります。
おそらく日本人の平均以上の英語力は身に付いているでしょう。

半年で日常生活での会話が可能になる。だけど….

4ヶ月ニュージーランドに留学したのは大学を卒業してすぐの事で、その後のフィリピンはニュージーランド留学から5年後に留学しました。
5年の間ほとんど英語の勉強をしていませんでしたが結構覚えているものですね。

フィリピンで学校に通ったのは3ヶ月です。
ニュージーランド留学と合計すると7ヶ月になります。

フィリピンではこちらの学校に通いました。

【実体験】Enderun Colleges(エンデラン大学)をオススメする理由【注意点も】 こんな疑問をお持ちの方に最適な学校を紹介します! 僕も学校を決めるまでに、各学校のレビューを比較したりかなりの時間をかけま...

フィリピンでは現地人の友達と遊んだり、IT関係のカンファレンスに参加したりしました。
特に問題なく英語でコミュニケーションが取れるようになって、賃貸の契約など割と一人でなんでも出来るようになりました。

しかし、

映画を字幕なしで見ると殆ど理解できません。

フィリピン人の会話は理解できます。
しかし、ネイティブの人が話す英語は全く理解できませんでした。

これがカナダで1ヶ月だけ留学を決めた理由です。

フィリピン英語は聞き取れるようになっても、ネイティブの英語は聞き取れるようにはならないと言うことです。

結論:英語を話せるようになるには半年は掛かる!

僕の実体験を元にすると英語を“ある程度”話せるようになるまでには半年掛かりました。全く英語ができない状態で初めて且つ、家では殆ど勉強しなかったので他の人に比べると成長が遅いと思います。

さらに人と話をするのが好きな人はもっと成長スピードが早いです。
サウジアラビア人はお喋りがとても得意なので成長も早いです。日本人はシャイなところがあるので、スピーキングの上達は遅く感じます。

専門学校や大学のカリキュラムで集団で留学している学生は日本人同士でいつも一緒に居ることが多く、それ程英語が上達せずに帰国するケースが多いです。

せっかく色々な国の人と触れ合えるチャンスなので外国人と友達になって自分の英語力も伸ばせればいいと思います。

しっかり英語を話せるようになりたい方は丸1年を留学期間に当てると良いかもしれません。

留学前に英語は必要なのか?

冒頭でお話した通り、全く英語ができない状態で留学に行きました。

留学行く前はこんな事を思っていました。

留学する前の僕
留学する前の僕
留学してから英語勉強すればいいや!すぐに出来るようになるでしょ!

おかげでニュージランドの入国審査の時に検査官の言ってることが全く理解できず適当に答えて居たら別室につれて行かれて厳しく持ち物をチェックされました^^;

そして実際に留学してこの考えは間違いだと気付かされました。

結論から言ってしまうと、留学前にある程度英語を身に着けておくべきです。

その理由を説明していきますね。

文法、単語の勉強は留学前に勉強しておく

留学して最初に思ったことが

「留学前に文法と単語を勉強しておけばよかった〜」

でした。

もちろん文法について学ぶ授業もあるのですが、これは日本に居ながらでも出来ることです。しかも、英語で文法を説明されるよりも日本語で説明された方が理解するのが圧倒的に早いです。
単語も同じように日本でも覚えることができますし、日本語で意味を理解した方が覚えるのが早いです。

文法と単語を留学前に事前に勉強しておくことで、英語の上達スピードも早まります。
留学期間が短ければその分、時間とお金の節約になりますね。

極論を言ってしまうと、留学はスピーキングとリスニングを伸ばすためです。

と、偉そうな事を言っている僕ですが、いずれの留学前にも一切勉強はしませんでした^^;
なので毎回留学してから「なんで勉強しなかったんだ〜」と自分に呆れています。

留学前に文法と単語はある程度勉強しておくことをオススメします。

文法を理解するための単語を覚えておく

文法を覚える際には「名詞の後に動詞がきて…」と覚えると思いますが、授業内ではすべて英語なので文法の説明をされたところで、名詞動詞と言った単語を知らないと全く理解できません。

留学前に最低限以下の単語を覚えていくことをお勧めします。

▼品詞

冠詞Article形容詞Adjective
名詞Noun前置詞Preposition
代名詞Pronoun接続詞Conjunction
動詞Verb感嘆詞Interjection
副詞Adverb数詞Number (Numeral)

▼時制

未来時制Future simple現在完了形Present perfect
未来進行形Future continuous現在完了進行形Present perfect continuous
未来完了形Future perfect過去時制Past simple
未来完了進行形Future perfect continuous過去進行形Past continuous
現在時制sPresent simple過去完了Past perfect
現在進行形Present continuou過去完了進行形Past perfect continuous

参考:http://davidappleyard.com/english/jgrammar.htm

留学前にやっておくべきこと

僕みたいに全く勉強せずに留学して後悔しないように、留学に向けた準備としてオススメの参考書とYouTubeでできるリスニングの練習方法を紹介します。

オススメの参考書

英語で英文法をやり直す本―書き込みワークブック

英語で英文法をやり直す本―書き込みワークブック

赤井田 拓弥
1,728円(11/13 05:05時点)
発売日: 2010/12/01
Amazonの情報を掲載しています

英語で英文法をやり直す本」の良いところは文法が英語で説明されているところです。
上でも触れたとおり、動詞や名詞と言った単語をしらないと授業の内容を理解することができません。
この本は文法を英語で解説しているため、留学前に英語で文法を理解する練習に向いています。

 

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

大西 泰斗, ポール・マクベイ
1,944円(11/13 05:05時点)
発売日: 2011/09/09
Amazonの情報を掲載しています

こちらの本も同じく文法の参考書になります。
この本の良いところは感覚的に英文法を覚える方法を解説しています。

いきなりですが、以下の文章の__(ブランク)部分になにが入るかわかりますか?

There’s a big stain __ the classroom ceiling.
(教室の天井に大きなシミがある)

答えは、onです。

日本の授業で習うonは「上に乗っているイメージ」ですが、この本では「onは接触しているイメージ」と解説しています。
これがネイティブの人が持っているイメージで、ネイティブの人と同じイメージを持つことによって英語の理解が早まります。

僕はこの本を留学時に持っていってました。

YouTubeでリスニング力を鍛える

日本人にとってリスニングとスピーキングが一番の苦手分野だと思います。
学校のテストができても全く英語が聞き取れなかったり話せない人が殆どだと思います。
留学前にある程度英語に慣れておく事をお勧めします。

YouTubeにはたくさんの英語授業のコンテンツがあります。
例えばこのような動画です↓

どうですか?何を言っているか理解できますか?
この動画の先生の言っていることが理解できればおそらく留学に行っても先生の言ってることが理解できると思います。

留学前の下準備として日常的にYouTube上の英語授業を見るといいでしょう。

留学を申し込むなら手数料0円の”School With”がオススメ!

僕はこれまでニュージーランド、フィリピン、カナダで3回留学をしましたが、留学代理店はSchool Withがオススメです。

手数料0円&最低価格保証が付いているのでどこの代理店よりも安く留学に行くことが出来ます。

僕がSchool Withをおすすめする5つの理由を「留学エージェント選びでお困りですか?絶対に損をしないエージェントを紹介します」で紹介しているので、代理店選びで迷っている方は参考にしてみてください。

結論、School Withで申し込むのが一番お得です。

留学エージェント選びでお困りですか?絶対に損をしないエージェントを紹介しますニュージーランド、フィリピン、カナダに留学した経験がある自称「留学マスター」の僕がいち押しする留学エージェントについて紹介したいと思いま...

まとめ

如何でしたでしょうか。

留学前に比べると格段に英語力がアップしたわけですが、未だにネイティブの言っている事を完全に理解できなかったり、スムーズにペラペラ話せる訳ではありません。
ネイティブのように話すことは不可能に等しいので、僕の場合は海外で自立して生きられるレベルの英語力で良いと思っています。

英語を話せる事によって自分の視野が広がりました。旅行先の国で情報収集をする場合は必ず英語で検索するようにしています。
英語で検索する事によって日本語で検索した場合の数十倍の情報にアクセスできますし、最新で正しい情報に触れることが出来ます。

大学や仕事を1年休んで留学する価値は十分にあると思います。
海外旅行が好きな方や将来海外で働きたい方は早いうちの留学が良いでしょう。

英語初級者はフィリピン留学がおすすめです↓

英語初級者とTOEIC対策にはフィリピン留学がオススメ!その理由とはこんにちは、たけるです。 「留学は最低でも半年は必要!英語力0(ゼロ)から話せるようになるまで」では僕の実体験を元に「英語力0(ゼ...
ABOUT ME
Takeru&Manami
Takeru&Manami
私たち夫婦は世界を旅をしながら生活をしています。 フリーランスエンジニアの夫とブロガーの妻でブログを書いています。 バックパッカーのように旅をメインとする生活ではなく、世界各地で生活する事をメインとして旅をしています。 時間と場所に縛られずに自分たちのやりたい事をやる人生が夫婦の目標です。 >>詳しいプロフィールはこちら