カナダ

【知らないと損!?】カナダの電車・バスの乗り方と料金体系についてご説明します

こんにちは、まなみです。

カナダの公共機関は日本と全然違う!?
料金体系や乗り方について

今回はこちらの説明していこうと思います!

私
・電車やバスの乗り方はカナダも日本も同じ?
・チケットは英語がわからなくても買うことができる?
・いくら分切符を買えば良いかわからない!

など、不安でいっぱいになると思います。
さらに英語で、もうわからない!と思うかもしれません。

でも大丈夫!カナダのバス・電車は日本に比べてとてもシンプルなんです!
さらに、英語がわからなくても問題なし!
電車の切符を買う機械は日本語にも切り替えることができちゃいます!

日本と大きく違う点、
・コンパスカードについて
・料金体系について
・マンスリーパスの買い方
・バスの乗り方
についてご説明していこうと思います!

(※提供元:Translink)

カナダは3zone(ゾーン)に分かれています!

カナダは3つのエリア(1Zone~3Zone)に分かれています!

日本のように、1駅ごとに料金が決まっているわけではなく、
カナダではエリアごとに料金が決まっているんです!
ここが大きく日本と違うところです!

なので、
一駅分乗ったとしても、何駅乗っても…同じエリア内の移動は全て一律料金
ということになります。

さらに、料金自体もかなり安いので、カナダにいる人のほとんどが公共機関を使用しています。

バスも電車も同じコンパスカードで乗れます!Translink(トランスリンク)が運営

カナダには、電車もバスもいくつか種類があります↓

カナダの公共機関
電車:Canada Line(カナダライン)・SkyTrain(スカイトレイン)
バス:通常のバス、Seabus(シーバス)の公共機関がありますが、

さまざまな公共機関がありますが…
どれも一つの会社:Translink(トランスリンク)が運営しています。
なので、Compasscard(コンパスカード)をもっていると、電車もバスも同じカードで乗ることができます。
Compasscard(コンパスカード)って何?って思いますよね?

続いて、Compasscard(コンパスカード)とはなんなのか説明していきます!

Compasscard(コンパスカード)

コンパスカードとは、日本で言う” Suica(スイカ)”” PASMO(パスモ)”のようなカードで、定期としても使用することも、カードにお金をチャージして使うこともできます!

こちらの青色のカードは、一般的に使われているカードです(Adult Card)
マンスリーカード(定期)としても、チャージをしても使用できます。


こちらのオレンジ色のカードは、65歳以上の高齢者・5歳〜13歳までの子供・学生証を持っている学生14歳〜18歳用のカードになります。(Concession Card)
1Zone~3Zoneまでが1Zone料金で使えます。

コンパスカードの買い方

駅に販売機があります。そこで、マンスリーパスや、1日乗車券を購入することができます。

今回は、1Zone分のマンスリーパスを購入しましたので、その説明をしていきます。

こちらが、券売機の画面になります。
画面下に言語を変更できるボタンがあるので、
日本語表記に変更できます!

Monthly Passを選択します。
次に、購入したいZoneを選びます!
私は1Zone分のマンスリーパスを購入しました。


次に支払い方法を選択します。
デビットカードかクレジットカードのどちらかを選びます。


購入する内容が確認できたら、カードを挿入します。


画面通りに進めていくと、確認画面がでてきますので、OKボタンを押すと支払いが完了します。

最後にコンパスカードをタップすると、チャージが完了します。


必ず最後にタップしてください。
チャージされているか心配な時は、最初の画面から”残額を見る”で履歴を確認することができるので、そちらで確認してください。

Monthly Passの料金

マンスリーパスの料金はこちらになります。

❇︎ 1Zone: $95
 ❇︎ 2Zone: $128
 ❇︎ 3Zone: $174

※平日18:30以降と週末・休祭日は、1ゾーン料金で全てのエリアが利用可能です。
バスは1Zoneの料金で、1zone・2Zone・3Zoneいつでも乗ることができます。

Monthly Pass(1ヶ月定期)は毎月1日から月末までが有効期限

日本の定期とは異なり、日付指定はできませんのでご注意ください。

毎月1日から月末までの定期になります!

購入できる期間も決まっていて、

定期券が購入可能となるのは、前月16日から当月15日まで。

※券売機では前月20日から購入可能となります。

バスの乗り方

続いて、バスの乗り方についてご説明していきます。

バスの乗り方も日本と少し違っています。

乗車するときは前から乗ります。
降りるときは前からでも、後ろからでも、どちらから降りてもOKです!

コンパスカードを持っている場合のバスの乗り方

入り口の機械にカードをタップするだけでOK!

降りる時はタップする必要はありません!

現金で乗車する場合のバスの乗り方

入り口の券売機に小銭$2.75を入れてチケットを購入します(※おつりはでません)

料金を入れるとチケットがでてくるので、90分間バスに乗り放題となります。
チケットの裏側に購入した日付と時間が書いてあります。
(※このチケットで電車は乗れません。)

バスの降りかた

バスの中はこのようになっています。

降りる時は、細い線を引っ張っぱってください。次のバス停で止まってくれます。

後ろのドアは自動では開かないので、降りるバス停で止まったら。ドアのバーを押すと開きます!

※ドアのバーがないバスもあって、バーがないときは扉をタッチすると開きます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
電車もバスも日本と違う所が多いので、
最初は戸惑ってしまうかもしれませんが、すぐに慣れてしまうので大丈夫です!
カナダラインもスカイトレインも、通勤・通学の時間帯は大変混み合うので、
時間に余裕を持って乗ってください!朝は特に、混み合っています!!
混んでいるときは無理に乗車せず、見送ってくださいね。

ありがとうございました

ABOUT ME
Takeru&Manami
Takeru&Manami
私たち夫婦は世界を旅をしながら生活をしています。 フリーランスエンジニアの夫とブロガーの妻でブログを書いています。 バックパッカーのように旅をメインとする生活ではなく、世界各地で生活する事をメインとして旅をしています。 時間と場所に縛られずに自分たちのやりたい事をやる人生が夫婦の目標です。 >>詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です